睡眠薬について

そもそも睡眠薬とは、不眠症のや、睡眠障害などの症状があらわれたときに使うお薬です。 睡眠導入剤や、催眠薬とも呼ばれる場合もあります。

服用することで睡眠時の緊張や不安を取り除き、睡眠に必要なリラックス状態を作り出すことで、寝付きを良くしてくれます。

化学構造により、ベンゾジアゼピン系、非ゼンゾジアゼピン系、抗ヒスタミン系などに分類されています。 また、作用時間により、超短時間作用型、短時間作用型、中時間作用型、長時間作用型に分類されるお薬です。

睡眠薬の特徴

睡眠薬

睡眠薬は、眠れないときに寝つきを良くしてくれる便利なお薬です。 身体的な要因にはもちろん、心理的な要因がある場合にも、睡眠薬が心身ともにリラックス効果をもたらしてくれます。

睡眠薬には様々なタイプのお薬があり、「興奮状態を抑えてリラックスさせてくれる」ものや、「不安などを鎮めてリラックスさせてくれるもの」などが多く、催眠効果だけではなく、抗不安効果などを持ち、精神安定剤などと呼ばれているものもあります。

どんなお薬にも言えることですが、過剰な服用は命に関わる場合があるため気を付けてください。 特に睡眠薬は、過剰に摂取してしまうと「興奮状態を抑えてリラックスさせてくれる」、「不安などを鎮めてリラックスさせてくれる」という効果が強く出すぎてしまい、健康な精神状態を保てなくなってしまう場合があります。

精神安定剤と呼ばれるお薬を睡眠薬として服用する場合には、精神疾患症状の場合に比べ、服用量が少なくなっています。そのため適量であれば、全く問題はなく、睡眠薬としてはたらいてくれます。

睡眠薬を服用する際は、用法用量を守り、正しく服用しましょう。

眠れないからとアルコールとの併用は危険!

睡眠薬

寝付きが悪いからと言って、アルコールを摂取する人も多くいますが、睡眠薬を服用した場合、アルコールとの併用は禁忌とされています。 これは、様々に種類のある中で、すべての睡眠薬、一様に言えることです。

睡眠薬は、アルコールとの併用により、酔いを強くしてしまう場合が多くあり、相加作用を強める危険性があるのです。
これだけならばまだしも、効果の強い睡眠薬の場合は、呼吸中枢を抑制してしまう場合もあり、大変危険です。呼吸中枢が抑制されてしまった場合、最悪呼吸が止まり、死に至ることもあります。

睡眠薬を服用する場合は絶対に飲酒をせず、水やぬるま湯などで服用してください。

このページの先頭へ